2.3. はじめてのSpring MVCアプリケーション

Caution

本バージョンの内容は既に古くなっています。最新のガイドラインはこちらからご参照ください。

Spring MVCの、詳細な使い方の解説に入る前に、実際にSpring MVCに触れることで、 Spring MVCを用いたWebアプリケーションの開発に対するイメージをつかむ。

2.3.1. 検証環境

本節の説明では、次の環境で動作検証している。(他の環境で実施する際は、本書をベースに適宜読み替えて設定していくこと。)

種別 プロダクト
OS Windows 7
JVM Java 1.8
IDE Spring Tool Suite 3.6.4.RELEASE (以降「STS」と呼ぶ)
Build Tool Apache Maven 3.3.9 (以降「Maven」と呼ぶ)
Application Server Pivotal tc Server Developer Edition v3.1 (STSに同封)
Web Browser Google Chrome 46.0.2490.80 m

Note

インターネット接続するために、プロキシサーバーを介する必要がある場合、 以下の作業を行うため、STSのProxy設定と、 MavenのProxy設定が必要である。

2.3.2. 新規プロジェクト作成

インターネットから mvn archetype:generate を利用して、プロジェクトを作成する。

mvn archetype:generate -B^
 -DarchetypeCatalog=http://repo.terasoluna.org/nexus/content/repositories/terasoluna-gfw-releases^
 -DarchetypeGroupId=org.terasoluna.gfw.blank^
 -DarchetypeArtifactId=terasoluna-gfw-web-blank-archetype^
 -DarchetypeVersion=5.1.0.RELEASE^
 -DgroupId=com.example.helloworld^
 -DartifactId=helloworld^
 -Dversion=1.0.0-SNAPSHOT

ここではWindows上にプロジェクトの元を作成する。

C:\work>mvn archetype:generate -B^
More?  -DarchetypeCatalog=http://repo.terasoluna.org/nexus/content/repositories/terasoluna-gfw-releases^
More?  -DarchetypeGroupId=org.terasoluna.gfw.blank^
More?  -DarchetypeArtifactId=terasoluna-gfw-web-blank-archetype^
More?  -DarchetypeVersion=5.1.0.RELEASE^
More?  -DgroupId=com.example.helloworld^
More?  -DartifactId=helloworld^
More?  -Dversion=1.0.0-SNAPSHOT
[INFO] Scanning for projects...
[INFO]
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Building Maven Stub Project (No POM) 1
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO]
[INFO] >>> maven-archetype-plugin:2.2:generate (default-cli) > generate-sources @ standalone-pom >>>
[INFO]
[INFO] <<< maven-archetype-plugin:2.2:generate (default-cli) < generate-sources @ standalone-pom <<<
[INFO]
[INFO] --- maven-archetype-plugin:2.2:generate (default-cli) @ standalone-pom ---
[INFO] Generating project in Batch mode
[INFO] Archetype repository missing. Using the one from [org.terasoluna.gfw.blank:terasoluna-gfw-web-blank-archetype:1.0.0.RELEASE -> http://repo.terasoluna.org/nexus/content/repositories/terasoluna-gfw-releases] found in catalog http://repo.terasoluna.org/nexus/content/repositories/terasoluna-gfw-releases
[INFO] ----------------------------------------------------------------------------
[INFO] Using following parameters for creating project from Archetype: terasoluna-gfw-web-blank-archetype:5.1.0.RELEASE
[INFO] ----------------------------------------------------------------------------
[INFO] Parameter: groupId, Value: com.example.helloworld
[INFO] Parameter: artifactId, Value: helloworld
[INFO] Parameter: version, Value: 1.0.0-SNAPSHOT
[INFO] Parameter: package, Value: com.example.helloworld
[INFO] Parameter: packageInPathFormat, Value: com/example/helloworld
[INFO] Parameter: package, Value: com.example.helloworld
[INFO] Parameter: version, Value: 1.0.0-SNAPSHOT
[INFO] Parameter: groupId, Value: com.example.helloworld
[INFO] Parameter: artifactId, Value: helloworld
[INFO] project created from Archetype in dir: C:\work\helloworld
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD SUCCESS
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Total time: 1.631 s
[INFO] Finished at: 2015-07-31T08:47:12+00:00
[INFO] Final Memory: 11M/26M
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
C:\work>

STSのメニューから、[File] -> [Import] -> [Maven] -> [Existing Maven Projects] -> [Next]を選択し、archetypeで作成したプロジェクトを選択する。

New MVC Project Import

Root Directoryに C:\work\helloworldを設定し、Projectsにhelloworldのpom.xmlが選択された状態で、 [Finish] を押下する。

New MVC Project Import

Package Explorerに、次のようなプロジェクトが生成される。

workspace

Spring MVCの設定方法を理解するために、生成されたSpring MVCの設定ファイル(src/main/resources/META-INF/spring/spring-mvc.xml)について、簡単に説明する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
    xmlns:mvc="http://www.springframework.org/schema/mvc" xmlns:util="http://www.springframework.org/schema/util"
    xmlns:aop="http://www.springframework.org/schema/aop"
    xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/mvc http://www.springframework.org/schema/mvc/spring-mvc.xsd
    http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
    http://www.springframework.org/schema/util http://www.springframework.org/schema/util/spring-util.xsd
    http://www.springframework.org/schema/context http://www.springframework.org/schema/context/spring-context.xsd
    http://www.springframework.org/schema/aop http://www.springframework.org/schema/aop/spring-aop.xsd">

    <context:property-placeholder
        location="classpath*:/META-INF/spring/*.properties" />

    <!-- (1) Enables the Spring MVC @Controller programming model -->
    <mvc:annotation-driven>
        <mvc:argument-resolvers>
            <bean
                class="org.springframework.data.web.PageableHandlerMethodArgumentResolver" />
            <bean
                class="org.springframework.security.web.method.annotation.AuthenticationPrincipalArgumentResolver" />
        </mvc:argument-resolvers>
    </mvc:annotation-driven>

    <mvc:default-servlet-handler />

    <!-- (2) -->
    <context:component-scan base-package="com.example.helloworld.app" />

    <mvc:resources mapping="/resources/**"
        location="/resources/,classpath:META-INF/resources/"
        cache-period="#{60 * 60}" />

    <mvc:interceptors>
        <mvc:interceptor>
            <mvc:mapping path="/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/resources/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/**/*.html" />
            <bean
                class="org.terasoluna.gfw.web.logging.TraceLoggingInterceptor" />
        </mvc:interceptor>
        <mvc:interceptor>
            <mvc:mapping path="/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/resources/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/**/*.html" />
            <bean
                class="org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenInterceptor" />
        </mvc:interceptor>
        <mvc:interceptor>
            <mvc:mapping path="/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/resources/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/**/*.html" />
            <bean class="org.terasoluna.gfw.web.codelist.CodeListInterceptor">
                <property name="codeListIdPattern" value="CL_.+" />
            </bean>
        </mvc:interceptor>
        <!--  REMOVE THIS LINE IF YOU USE JPA
        <mvc:interceptor>
            <mvc:mapping path="/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/resources/**" />
            <mvc:exclude-mapping path="/**/*.html" />
            <bean
                class="org.springframework.orm.jpa.support.OpenEntityManagerInViewInterceptor" />
        </mvc:interceptor>
            REMOVE THIS LINE IF YOU USE JPA  -->
    </mvc:interceptors>

    <!-- (3) Resolves views selected for rendering by @Controllers to .jsp resources in the /WEB-INF/views directory -->
    <!-- Settings View Resolver. -->
    <mvc:view-resolvers>
        <mvc:jsp prefix="/WEB-INF/views/" />
    </mvc:view-resolvers>

    <bean id="requestDataValueProcessor"
        class="org.terasoluna.gfw.web.mvc.support.CompositeRequestDataValueProcessor">
        <constructor-arg>
            <util:list>
                <bean class="org.springframework.security.web.servlet.support.csrf.CsrfRequestDataValueProcessor" />
                <bean
                    class="org.terasoluna.gfw.web.token.transaction.TransactionTokenRequestDataValueProcessor" />
            </util:list>
        </constructor-arg>
    </bean>

    <!-- Setting Exception Handling. -->
    <!-- Exception Resolver. -->
    <bean class="org.terasoluna.gfw.web.exception.SystemExceptionResolver">
        <property name="exceptionCodeResolver" ref="exceptionCodeResolver" />
        <!-- Setting and Customization by project. -->
        <property name="order" value="3" />
        <property name="exceptionMappings">
            <map>
                <entry key="ResourceNotFoundException" value="common/error/resourceNotFoundError" />
                <entry key="BusinessException" value="common/error/businessError" />
                <entry key="InvalidTransactionTokenException" value="common/error/transactionTokenError" />
                <entry key=".DataAccessException" value="common/error/dataAccessError" />
            </map>
        </property>
        <property name="statusCodes">
            <map>
                <entry key="common/error/resourceNotFoundError" value="404" />
                <entry key="common/error/businessError" value="409" />
                <entry key="common/error/transactionTokenError" value="409" />
                <entry key="common/error/dataAccessError" value="500" />
            </map>
        </property>
        <property name="defaultErrorView" value="common/error/systemError" />
        <property name="defaultStatusCode" value="500" />
    </bean>
    <!-- Setting AOP. -->
    <bean id="handlerExceptionResolverLoggingInterceptor"
        class="org.terasoluna.gfw.web.exception.HandlerExceptionResolverLoggingInterceptor">
        <property name="exceptionLogger" ref="exceptionLogger" />
    </bean>
    <aop:config>
        <aop:advisor advice-ref="handlerExceptionResolverLoggingInterceptor"
            pointcut="execution(* org.springframework.web.servlet.HandlerExceptionResolver.resolveException(..))" />
    </aop:config>

</beans>
項番 説明
(1)
<mvc:annotation-driven>要素を定義することにより、Spring MVCのデフォルト設定が行われる。デフォルトの設定については、 Springの公式ページである Enabling the MVC Java Config or the MVC XML Namespace を参照されたい。
(2)
Spring MVCで使用するコンポーネントを探すパッケージを定義する。
(3)

JSP用のViewResolverを指定し、JSPファイルの配置場所を定義する。

Tip

<mvc:view-resolvers>要素はSpring Framework 4.1から追加されたXML要素である。 <mvc:view-resolvers>要素を使用すると、ViewResolverをシンプルに定義することが出来る。

従来通り<bean>要素を使用した場合の定義例を以下に示す。

<bean id="viewResolver"
    class="org.springframework.web.servlet.view.InternalResourceViewResolver">
    <property name="prefix" value="/WEB-INF/views/" />
    <property name="suffix" value=".jsp" />
</bean>

次に、Welcomeページを表示するためのController (com.example.helloworld.app.welcome.HomeController) について、簡単に説明する。

 package com.example.helloworld.app.welcome;

 import java.text.DateFormat;
 import java.util.Date;
 import java.util.Locale;

 import org.slf4j.Logger;
 import org.slf4j.LoggerFactory;
 import org.springframework.stereotype.Controller;
 import org.springframework.ui.Model;
 import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
 import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

 /**
  * Handles requests for the application home page.
  */
 @Controller // (4)
 public class HomeController {

     private static final Logger logger = LoggerFactory
             .getLogger(HomeController.class);

     /**
      * Simply selects the home view to render by returning its name.
      */
     @RequestMapping(value = "/", method = {RequestMethod.GET, RequestMethod.POST}) // (5)
     public String home(Locale locale, Model model) {
         logger.info("Welcome home! The client locale is {}.", locale);

         Date date = new Date();
         DateFormat dateFormat = DateFormat.getDateTimeInstance(DateFormat.LONG,
                 DateFormat.LONG, locale);

         String formattedDate = dateFormat.format(date);

         model.addAttribute("serverTime", formattedDate); // (6)

         return "welcome/home"; // (7)
     }

 }
項番 説明
(4)
@Controller アノテーションを付けることで、DIコンテナにより、コントローラクラスが自動で読み込まれる。前述「Spring MVCの設定ファイルの説明(2)」の設定により、component-scanの対象となっている。
(5)
HTTPメソッドがGETまたはPOSTで、Resource(もしくはRequest URL)が”/”で、アクセスする際に実行される。
(6)
Viewに渡したいオブジェクトをModelに設定する。
(7)
View名を返却する。前述「Spring MVCの設定ファイルの説明(3)」の設定により、”WEB-INF/views/welcome/home.jsp”がレンダリングされる。

最後に、Welcomeページを表示するためのJSP (src/main/webapp/WEB-INF/views/welcome/home.jsp) について、簡単に説明する。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>Home</title>
<link rel="stylesheet"
    href="${pageContext.request.contextPath}/resources/app/css/styles.css">
</head>
<body>
    <div id="wrapper">
        <h1>Hello world!</h1>
        <p>The time on the server is ${serverTime}.</p> <%-- (8) --%>
    </div>
</body>
</html>
項番 説明
(8)

前述の「Controllerの説明(6)」でModelに設定したオブジェクト(serverTime)は、HttpServletRequestに格納される。 そのため、JSPで${serverTime}と記述することで、Controllerで設定した値を画面に出力することができる。

ただし、${XXX}の記述は、XSS対象になる可能性があるので、文字列を出力する場合はHTMLエスケープする必要がある。


2.3.3. サーバーを起動する

STSで、”helloworld”プロジェクトを右クリックして、”Run As” -> “Run On Server” -> “localhost” -> “Pivotal tc Server Developer Edition v3.0” -> “Finish”を実行し、helloworldプロジェクトを起動する。
ブラウザに “http://localhost:8080/helloworld/” を入力し、実行すると下記の画面が表示される。
Hello World

Note

tc Serverは内部でTomcatを利用しており、動作検証で使用したSTSでは以下の2つのバージョンを選択する事ができる。

  • tomcat-8.0.15.A.RELEASE (デフォルトで利用されるバージョン)
  • tomcat-7-0.57.A.RELEASE

利用するTomcatを切り替えたい場合は、ts Serverの「Edit Server Runtime Environment」ダイアログを開き「Version」フィールドを変更すればよい。 Java(JRE)のバージョンもこのダイアログから変更する事ができる。

Edit Server Runtime Environment

2.3.4. エコーアプリケーションの作成

続いて、簡単なアプリケーションを作成する。作成するのは、次の図のようなテキストフィールドに、名前を入力すると メッセージを表示する、いわゆるエコーアプリケーションである。

Form of Echo Application
Output of Echo Application

2.3.4.1. フォームオブジェクトの作成

まずは、テキストフィールドの値を受け取るための、フォームオブジェクトを作成する。
com.example.helloworld.app.echoパッケージにEchoFormクラスを作成する。プロパティを1つだけ持つ、単純なJavaBeanである。
package com.example.helloworld.app.echo;

import java.io.Serializable;

public class EchoForm implements Serializable {
    private static final long serialVersionUID = 2557725707095364445L;

    private String name;

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    public String getName() {
        return name;
    }
}

2.3.4.2. Controllerの作成

次に、Controllerを作成する。
同じく com.example.helloworld.app.echo パッケージに、EchoController クラスを作成する。
package com.example.helloworld.app.echo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.ModelAttribute;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

@Controller
@RequestMapping("echo")
public class EchoController {

    @ModelAttribute // (1)
    public EchoForm setUpEchoForm() {
        EchoForm form = new EchoForm();
        return form;
    }

    @RequestMapping // (2)
    public String index(Model model) {
        return "echo/index"; // (3)
    }

    @RequestMapping(value = "hello", method = RequestMethod.POST) // (4)
    public String hello(EchoForm form, Model model) {// (5)
        model.addAttribute("name", form.getName()); // (6)
        return "echo/hello";
    }
}
項番 説明
(1)
@ModelAttribute というアノテーションを、メソッドに付加する。このアノテーションがついたメソッドの返り値は、自動でModelに追加される。
Modelの属性名を、 @ModelAttribute で指定することもできるが、デフォルトでは、クラス名の先頭を小文字にした値が、属性名になる。この場合は、”echoForm”である。フォームの属性名は、次に説明する form:form タグmodelAttribute 属性の値に一致している必要がある。
(2)
メソッドに付加した @RequestMapping アノテーションの value 属性に、何も指定しない場合、クラスに付加した @RequestMapping のルートに、マッピングされる。この場合、”<contextPath>/echo”にアクセスすると、 index メソッドが呼ばれる。
method 属性に何もしない場合は、任意のHTTPメソッドでマッピングされる。
(3)
View名で”echo/index”を返すので、ViewResolverにより、 “WEB-INF/views/echo/index.jsp”がレンダリングされる。
(4)
メソッドに付加した @RequestMapping アノテーションのvalue属性に”hello”を、method属性にRequestMethod.POSTを指定しているので、この場合、”<contextPath>/echo/hello”にPOSTメソッドを使用してアクセスすると hello メソッドが呼ばれる。
(5)
引数に、EchoFormには(1)によりModelに追加されたEchoFormオブジェクトが渡される。
(6)
フォームで入力された name を、Viewにそのまま渡す。

Note

@RequestMappingアノテーションのmethod属性に指定する値は、 クライアントから送信されたデータの扱い方によって変えるのが一般的である。

  • データをサーバに保存する場合(更新系の処理の場合)は、POSTメソッド。
  • データをサーバに保存しない場合(参照系の処理の場合)は、GETメソッド又は未指定(任意のメソッド)。

エコーアプリケーションでは、

  • indexメソッドはデータをサーバに保存しない処理なので未指定(任意のメソッド)
  • helloメソッドはデータをModelオブジェクトに保存する処理なのでPOSTメソッド

を指定している。


2.3.4.3. JSPの作成

最後に、入力画面と、出力画面のJSPを作成する。それぞれのファイルパスは、View名に合わせて、次のようになる。

入力画面 (src/main/webapp/WEB-INF/views/echo/index.jsp) を作成する。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Echo Application</title>
</head>
<body>
  <%-- (1) --%>
  <form:form modelAttribute="echoForm" action="${pageContext.request.contextPath}/echo/hello">
    <form:label path="name">Input Your Name:</form:label>
    <form:input path="name" />
    <input type="submit" />
  </form:form>
</body>
</html>
項番 説明
(1)
タグライブラリを利用し、HTMLフォームを構築している。 modelAttribute 属性に、Controllerで用意したフォームオブジェクトの名前を指定する。
タグライブラリは こちらを参照されたい。

Note

<form:form>タグのmethod属性を省略した場合は、POSTメソッドが使用される。

出力されるHTMLは、

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Echo Application</title>
</head>
<body>
  <form id="echoForm" action="/helloworld/echo/hello" method="post">
    <label for="name">Input Your Name:</label>
    <input id="name" name="name" type="text" value=""/>
    <input type="submit" />
  <input type="hidden" name="_csrf" value="43595f38-3edd-4c08-843b-3c31a00d2b15" />
</form>
</body>
</html>

となる。


出力画面 (src/main/webapp/WEB-INF/views/echo/hello.jsp) を作成する。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Echo Application</title>
</head>
<body>
  <p>
    Hello <c:out value="${name}" /> <%-- (2) --%>
  </p>
</body>
</html>
項番 説明
(2)
Controllerから渡された”name”を出力する。 c:out タグにより、XSS対策を行っている。

Note

ここではXSS対策を標準タグの c:out で実現したが、より容易に使用できる f:h() 関数を共通ライブラリで用意している。 詳細は、 XSS対策 を参照されたい。


これでエコーアプリケーションの実装は完了である。
サーバーを起動し、 “http://localhost:8080/helloworld/echo“にアクセスするとフォームが表示される。

2.3.4.4. 入力チェックの実装

ここまでのアプリケーションでは、入力チェックを行っていない。 Spring MVCでは、 Bean Validationをサポートしており、アノテーションベースな入力チェックを、簡単に 実装することができる。例として、エコーアプリケーションで名前の入力チェックを行う。

EchoFormnameフィールドに、入力チェックルールを指定するアノーテションを付与する。

package com.example.helloworld.app.echo;

import java.io.Serializable;

import javax.validation.constraints.NotNull;
import javax.validation.constraints.Size;

public class EchoForm implements Serializable {
    private static final long serialVersionUID = 2557725707095364445L;

    @NotNull // (1)
    @Size(min = 1, max = 5) // (2)
    private String name;

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    public String getName() {
        return name;
    }
}
項番 説明
(1)
@NotNull アノテーションをつけることで、HTTPリクエスト中に name パラメータがあることを確認する。
(2)
@Size(min = 1, max = 5) をつけることで、name のサイズが、1以上5以下であることを確認する。

入力チェックが実行されるように修正し、入力チェックでエラーが発生した場合の処理を実装する。

package com.example.helloworld.app.echo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.validation.BindingResult;
import org.springframework.validation.annotation.Validated;
import org.springframework.web.bind.annotation.ModelAttribute;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

@Controller
@RequestMapping("echo")
public class EchoController {

    @ModelAttribute
    public EchoForm setUpEchoForm() {
        EchoForm form = new EchoForm();
        return form;
    }

    @RequestMapping
    public String index(Model model) {
        return "echo/index";
    }

    @RequestMapping(value = "hello", method = RequestMethod.POST)
    public String hello(@Validated EchoForm form, BindingResult result, Model model) { // (1)
        if (result.hasErrors()) { // (2)
            return "echo/index";
        }
        model.addAttribute("name", form.getName());
        return "echo/hello";
    }
}
項番 説明
(1)
コントローラー側には、Validation対象の引数に @Validated アノテーションを付加し、 BindingResult オブジェクトを引数に追加する。
Bean Validationによる入力チェックは、自動で行われる。結果は、 BindingResult オブジェクトに渡される。
(2)
hasErrors メソッドを実行して、エラーがあるかどうかを確認する。入力エラーがある場合は、入力画面を表示するためのView名を返却する。

入力画面 (src/main/webapp/WEB-INF/views/echo/index.jsp) に、入力エラーのメッセージを表示するための実装を追加する。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Echo Application</title>
</head>
<body>
  <form:form modelAttribute="echoForm" action="${pageContext.request.contextPath}/echo/hello">
    <form:label path="name">Input Your Name:</form:label>
    <form:input path="name" />
    <form:errors path="name" cssStyle="color:red" /><%-- (1) --%>
    <input type="submit" />
  </form:form>
</body>
</html>
項番 説明
(1)
入力画面には、エラーがあった場合に、エラーメッセージを表示するため、 form:errors タグを追加する。

以上で、入力チェックの実装は完了である。
実際に、次のような場合、エラーメッセージが表示される。
  • 名前を空にして送信した場合
  • 5文字より大きいサイズで送信した場合
Validation Error (name is empty)
Validation Error (name's size is over 5)

出力されるHTMLは、

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Echo Application</title>
</head>
<body>
  <form id="echoForm" action="/helloworld/echo/hello" method="post">
    <label for="name">Input Your Name:</label>
    <input id="name" name="name" type="text" value=""/>
    <span id="name.errors" style="color:red">size must be between 1 and 5</span>
    <input type="submit" />
  <input type="hidden" name="_csrf" value="6e94a78d-4a2c-4a41-a514-0a60f0dbedaf" />
</form>
</body>
</html>

となる。


2.3.4.5. まとめ

この章では、

  1. mvn archetype:generateを利用したブランクプロジェクトの作成方法
  2. SpringMVCの基本的な設定方法
  3. 最も簡易な、画面遷移方法
  4. 画面間での値の引き渡し方法
  5. シンプルな入力チェック方法

を学んだ。

上記の内容が理解できていない場合は、もう一度、本節を読み、環境構築から始めて、進めていくことで理解が深まる。